物流作業支援ロボット「モバイルグリッパ」の製品版プロトタイプを開発 東京ロボティクス

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京ロボティクスは2022年3月6日、物流施設での作業支援ロボット「モバイルグリッパ」の製品版プロトタイプを開発したと発表した。

同社は、「人間共存ロボット」の実現を目指す早稲田大学発のロボティクススタートアップである。

モバイルグリッパは、小中規模の物流施設や工場、市場などにおいて短距離配送や仕分け、パレタイジング/デパレタイジングを行うロボットとして、2021年10月に試作機を完成した。その後のユーザーなどからの要望を反映して今回の製品版プロトタイプを開発した。

今回のプロトタイプでは、荷物を挟む手先のグリッパーが左右独立して上下回転と横方向スライドができるようになった。これにより、荷物を置いた後に片方のグリッパーを上に回転させてから反対側から押し込むことで、荷物を隙間なく詰めながら置くことができるようになった。

その他画像認識によってダンボールの位置と姿勢を位置合わせできるので、安定したピッキングができる。またライン上を移動しながらマーカーを読み取ることで、任意の位置で動作を切り替えることができる。

グリッパーは床上の荷物から約160cmの高所まで対応。全方位移動台車を採用しているので、狭い場所での作業にも適している。接触検知機能により荷物が底に当たったことを検知し、載置動作時に荷物を傷つけることなるリリースできる。

同社ではハードウェア単体だけではなく、パレタイジングなどのアプリケーションパッケージとして提供することも検討している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る