視覚が回復できる義眼――3Dプリント製「バイオニック・アイ」を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病気や怪我で視力を失った人に視覚を取り戻させる技術として、人工視覚、「バイオニック・アイ」の研究開発が世界各地で行われている。バイオニック・アイは、カメラで捉えた映像を処理して網膜や視神経に電気的刺激を与え、視覚認識力を回復させようとするものだ。

バイオニック・アイは、メガネに取り付けたカメラをインプットとするものが多いが、米ミネソタ大学の研究チームは、受光素子のアレイを半球体の表面に3Dプリントする技術を開発した。真の人工眼ともいえるこの研究成果は、2018年8月28日発行の『Advanced Materials』誌に掲載されている。

今回開発したバイオニック・アイのプロトタイプは、ガラス素材の半球体で、1時間程度でプリントされ、受光素子の変換効率は25%だという。研究チームは次のステップとして、より軽い材質によるプロトタイピングを行い、最終的にはヒトの眼にインプラントできる柔らかい素材での実現を目指している。

研究チームを率いる機械工学のMichael McAlpine教授は、「バイオニック・アイは、SFの世界ものと思われていたが、3Dプリンターを駆使することによって我々は今まで以上にそれに近づいた」と、その研究成果を説明している。



関連リンク

Research Brief: Researchers 3D print prototype for ‘bionic eye’

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る