古河キャステック、自動車メーカー向けに低圧鋳造機消耗部品『トケナイト製湯口ブッシュ』を発売――アルミ溶湯への鉄分溶出を抑制し長寿命化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

古河キャステックは2018年10月5日、低圧鋳造機に使用する消耗部品「トケナイト製湯口ブッシュ」の販売を開始すると発表した。

近年、燃費向上やエコカー開発等を背景に、車両の軽量化に対する要望が強まっている。そのため、車載部品として広く用いられているアルミ鋳造部品の薄肉化と強度の向上が重要な課題となっている。強度向上のためには、アルミ鋳造部品製造過程において生じる、消耗部品類からアルミ溶湯への鉄分の溶出をいかに防ぎ、不純物の混入を抑制するかが重要となる。

そこで、古河キャステックは2012年、素材表面にアルミ溶損に強い特殊被膜を形成する特殊鋼「トケナイト」を開発。自動車メーカーへ、テスト採用などを経て、改良を繰り返しながらトケナイト製の部品を販売してきた。

なかでも、日産自動車においては、エンジン用部品鋳造機の金型部品「湯口ブッシュ」をトケナイト製にした結果、部品寿命が従来比約13倍(約3週間から約9か月)に延長。更に、トケナイトの持つ高保温性によりアルミ溶湯の温度低下を防止し、湯口廻りの鋳造欠陥を抑えることでエンジン用部品の鋳造良品率の改善にも寄与した。

そこで、古河キャステックは今回、低圧鋳造機を使用している自動車メーカーを対象に、トケナイト製湯口ブッシュの販売を開始する。

古河キャステックは、この製品により、アルミ鋳造部品の強度向上に貢献できると説明。また、製造設備の消耗部品類の寿命も伸ばすことができるため、生産効率の向上とコスト削減の両面にも寄与するという。

トケナイト製湯口ブッシュは、11月8日からパシフィコ横浜で開催される「2018日本ダイカスト展示会」で展示される予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る