マクニカ、アルテラ製SoC搭載評価ボード「Mpression Sodia」を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マクニカは2015年11月17日、アルテラのARMベースCyclone V ST SoC FPGAを搭載した評価ボード「Sodia(ソディア)」を開発したと発表した。

高い機能拡張性を持つSodiaを利用することで、ハードウェアおよびソフトウェア開発者は、実アプリケーションに近い環境で迅速にエンベデッド・システム・デザインの開発を行うことができる。

同社の「Mpression Hello」(Cyclone V SoCスタータキット)の上位機種で、HPS周辺機能のほとんどを継承し、ソフトウェア互換性がある。

さまざまな機能拡張が可能

「Sodia」は、「Hello」の機能に加え、FPGA規模拡大、メモリの追加の他、拡張的な機能を追加するなど、1台で多種多様な機能を評価・開発できる。

拡張コネクタとして高速メザニン・コネクタHSMCを2個搭載し、様々な機能拡張に対応。オーディオ・映像出力も追加され、映像出力および音声入出力用の拡張カードも不要となっている。

また、JTAGコネクタにUSB-BlasterまたはUSB-BlasterIIダウンロードケーブルを接続することで、FPGA とプロセッサのプログラムコードのダウンロードおよびデバッグの両方をサポートする。

2016年1月下旬より受注開始、2月下旬より量産出荷予定。
11月18日(水)から20日(金)にパシフィコ横浜にて開催される 「IoT Technology 2015/IoT総合技術展」にてデモ実演される。

関連リンク
プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る