XILINX、Vivado Design Suiteの最新版を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米XILINXは2015年12月1日、All Programmable SoC製品やFPGA製品向けの開発環境「Vivado Design Suite HLx Edition」を発表した。Vivado Design Suiteの既存ユーザーは、無償でHLx Editionにアップグレードすることができる。

HLx Editionには「HL Design Edition」「HL System Edition」「HL WebPACK Edition」の3つのパッケージがある。HL System Editionは、HL Design Editionの諸機能に加えて「System Generator for DSP」を搭載する。HL WebPACK Editionは対応デバイスが限定された無償版となっている。

3パッケージとも、C/C++ライブラリを含むVivado高位合成(HLS)、Vivado IPインテグレータ(IPI)、Logic CORE IPサブシステム、ならびに完全なVivado実装ツールスイートを含む。そのため、C/C++およびIPベースの最も生産的なデザイン・フローをユーザに提供できる。

さらに、XILINXが公表したUltraFast高生産性設計手法ガイドと組み合わせることで、ユーザは従来の手法と比較して10~15倍にまで生産性を引き上げることができるという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る