村田製作所、最高200℃でも使用可能な積層セラミックコンデンサを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

村田製作所は2016年2月17日、150〜200℃の高温環境でも使用可能で導電性接着剤に対応した積層セラミックコンデンサ「GCBシリーズ」を発表した。主な用途には、自動車のエンジンルーム周辺など過酷な温度環境に搭載される機器を想定している。

GCBシリーズは、車載電装部品の信頼性試験規格AEC−Q200に準拠したパワートレインやセーフティ機器向けの導電性接着剤に対応。外部電極の表面めっきにNi/Pd電極を採用しており、高温環境でも導電性接着剤との高い接合信頼性が得られる。また、従来品のGCGシリーズに比べて、端子電極の耐腐食性が向上した。

GCBシリーズのラインナップには、使用温度範囲が−55~+150℃の製品に加え、−55~+200℃の製品も用意。サイズは1.0×0.5mmと1.6×0.8mm。定格電圧は10~100Vdcで、静電容量は1000pF~0.47μFとなる。

村田製作所はすでにGCBシリーズのサンプル出荷を開始しており、2016年中には量産を開始するとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る