ハイパーEV向けの最大出力350kW電動モーターユニットを開発――今月から試作開発受託を開始 ヤマハ発動機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマハ発動機は2021年4月12日、ハイパーEVなどの高出力帯のモビリティ向け高出力密度電動モーターユニットを開発したと発表した。

今回開発したのは、最大出力350kWクラス(動作電圧800V)の電動モーターユニットだ。同社によると業界最高クラスの出力密度となる。

ギヤやインバーターを一体にしたコンパクトな機電一体型で、車両へ複数ユニットを搭載する前提の設計だ。試作品のモーター方式は永久磁石埋込型同期モーター(IPMSM)で、冷却方式は油冷となる。

ユニット活用イメージ(350kWクラス×4基)

同月から試作開発の受託を開始。最大出力および冷却方式はユーザーの要望に合せて対応する。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る