日本ノーベル、組込みソフトウェアテスト自動化システムの最新版「Quality Commander 7」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本ノーベルは2016年5月10日、カーナビやスマートフォンなどの組込みソフトウエアテスト自動化システムの最新版「Quality Commander 7」を発表した。

車載機器向けの最新版は、カーナビに加えてタッチパネル機器を配置できるレイアウトを採用した新型の6軸ロボットにより、1台のロボットでカーナビとスマートフォンの2種類の機器を自動操作できるのが特徴だ。カーナビ経由での発着信試験の自動化にも対応する。シミュレータ連携やプログラマブル電源連携などの機能と組み合わせることで、自動試験の適用範囲がさらに拡大した。

また、CDスロットへのディスク挿抜時における残留状態をセンサで検知することで、ディスク挿抜試験を自動化できる。さらに、ロボット筐体前面の操作部をタッチパネル化し、作業床の高さや扉の構造の見直したことで、試験運用時の作業性も向上した。

車載向け以外のラインナップでは、2点押しが可能な直交型ロボット2台配置タイプを追加した。主力モデルでは400×400mmの動作ストロークの直交型ロボットを使用し、4~16インチの機器サイズに対応する。さらに、新たに開発したブロック式アダプタを採用することで、タブレットなどの薄い機器から50mm程度の厚みのあるタッチパネル機器まで対応可能だ。

その他、AndroidやWindows、LinuxやSolarisで使用されるGNOMEデスクトップ環境での自動制御にも対応する。

発売は2016年7月1日を予定している。5月11日から東京ビッグサイトで開催される「2016 Japan IT Week 春 第5回IoT/M2M展」に出展する。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る