NTN、EV/HEV向け高速深溝玉軸受でdmn値220万の高速回転を達成

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NTNは2022年4月28日、EVやHEV用駆動システム向けの高速深溝玉軸受で、オイル潤滑下におけるdmn値220万の高速回転を達成したと発表した。

産業界において、自動車分野の省エネルギーや省電費に向けた開発が進んでおり、それに伴い電動駆動ユニットの低フリクション化や小型/軽量化の要求が高まっている。それらに使用されるモーター類や減速機の軸受にも高速回転時の発熱や破損を抑える高速回転性能が求められている。

このようなニーズに対応するため、同社では2015年に「グリース潤滑高速深溝玉軸受」を市場投入している。しかし今回、さらにモーターの高速化に対応するため、軸受の発熱と潤滑条件による抜熱の熱収支バランスを最適化する供給油量の計算方法を確立。加えて、遠心力による変形を抑えることができるように保持器の形状を見直した。さらに転動体および各軌道輪の回転精度を確保するように内部諸元を最適化することで、深溝玉軸受でdmn値220万を達成した。

今回発熱と抜熱の管理手法を確立したことで、今後、EVやHEV開発に伴う各社車両のニーズに適した高速回転性能を持つ軸受の仕様を提案できるようになるという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る