日本TI、4GHzのダイレクトRF信号変換が可能な14bit A/Dコンバータを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は2016年5月19日、最大3GSPSのRF(高周波)サンプリング性能と14bitのデータ転送性能を備えたA/Dコンバータ「ADC32RF45」を発表した。
 
ADC32RF45は、最大4GHzのRF入力信号をサポート。0.5~1.5GHzのLバンドや、2~4GHzのSバンド全体で、第1、第2、第3ナイキスト・ゾーンのRF信号の変換が可能だ。最大4段の中間周波数ダウンコンバージョン・ステージを省略可能なため、基板実装面積を最大75%縮小できるという。

同製品は2チャネル内蔵し、1チャネルあたり1.5GHzの瞬時帯域幅を提供。2.5GHzを超える周波数で、同相や直交位相成分の広帯域レシーバの実装が可能だ。また、1チャネルあたり1帯域または2帯域のサブバンドを取り出し、デジタル・インターフェイスのデータ・スループットを最大92%まで削減できる。

スペクトラルノイズ密度は、競合デバイスよりも5dB優れた-155dBFS/Hz。入力周波数は1.8GHzで、SN比は58.5dBだ。

ADC32RF45の出荷は、2016年第3四半期の予定。パッケージは10×10mmの72ピンQFNとなる。100個受注時の単価(参考価格)は2495ドルだ。

関連リンク

プレスリリース
 

 

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る