冗長性を備えた小型アナログTMR角度センサを開発――量産を開始 TDK

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TDKは2022年7月14日、冗長性を備えた小型アナログTMR(Tunnel Magneto Resistance)角度センサ「TAS4240」の発売を開始したと発表した。1つのセンサが故障しても、もう1つのセンサによって位置情報を伝達する冗長性を備えており、システム全体で最高の安全水準を維持できる。

TAS4240は、TSSOP8パッケージ、サイズ3.0×6.4×1.1mmで、1つのパッケージ内にTMRハーフ・ブリッジを4個搭載し、2組の正弦/余弦出力を備えている。-40℃から150℃まで幅広い温度で動作し、360度の非接触角度計測が可能。25℃の標準的な環境下では±0.3度の角度制度を保つ。また、電子部品の信頼性規格「AEC-Q100」にも準拠している。

主要用途として、パワーステアリングやブレーキ・ブースター、トラクションモータなどで使用され、高い安全性を要求されるブラシレスDCモータや永久磁石モータ(PMSM)の角度、位置検出のほか、リニア位置センシングなどを想定している。

同社では、「これまで培ってきたTMR磁気センサテクノロジが小型パッケージに統合された製品で、温度変化やライフタイムによる変動の少ない、高い精度と信頼性を実現した。厳しい要求に対しても安定して動作するため、新しいアプリケーションにも活用できる」としている。

TAS4240のサンプルは既に提供中で、2022年4月から量産を開始した。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る