揺れ幅を約40%低減する高層ビル向け長周期地震対策用制御装置を開発 IHIインフラシステム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

二軸式リニアモータ制振装置試験機

IHIインフラシステムは2018年6月18日、従来より揺れ幅を約40%低減し、なおかつ小型/軽量化した高層ビル向け長周期地震対策用制御装置を開発、販売開始したと発表した。

高層ビル向け制御装置は、建物の振動時に頂部に設置したおもりが建物の揺れと逆方向に動くことで揺れを低減させる働きをする。

従来、地震対策用制御装置は、建物の揺れに同調して揺れるおもりの反力を利用するパッシブ式のみだったが、今回リニアモーター制御によるアクティブ式の地震用制御装置を開発。おもりを能動的に制御することで揺れに対する応答性を向上し、揺れ幅を約40%低減、後揺れ時間を約80%短縮することに成功した。

また、アクティブ制御によりおもりの可動範囲が大きくできるためにおもりを軽量化でき、パッシブ式と比較して装置の総重量を約4割に抑えることができた。さらに、二軸式のリニアモーターを採用しているため、あらゆる方向の揺れに対応できる。

大容量バッテリーを搭載した電源システムを装備しているために、地震発生の際の停電時などでも正常動作し、振動制御効果を発揮できるという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る