OKI、漏洩磁束を従来品より最大90%軽減するギアヘッド付ステッピングモーターを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OKIマイクロ技研は2018年6月19日、モーター外部に漏れる磁束(漏洩磁束)を抑えたギアヘッド付ステッピングモーター「KFG42シリーズ」を開発し、販売を開始したと発表した。同製品は漏洩磁束を従来品より50%から最大90%まで軽減したという。

近年、センサーをはじめとする電子機器を搭載した組み込み商品のコンパクト化が求められている。それに応じて、個々の電子部品はより集積化され、モーターの周囲に多くの電子機器が配置される傾向にある。

モーターと電子機器の距離が近くなるにつれて、モーターからの漏洩磁束が原因となる電子機器の誤作動が起こりやすくなる。一方、モーターの高トルク化が進み、コイルから発生する磁束は増加。電子機器への影響を避けるために、電子部品との距離を離さなければならないケースが増えている。

このようなコンパクト化と電子機器の誤作動を起こさないという相反する問題の解決には、漏洩磁束対策が施されたモーターが必要だ。今回、同社は同社従来品と比較して漏洩磁束を50%から最大90%まで抑えたKFG42シリーズの開発に成功した。

KFG42シリーズは、ギアヘッド部分を含めた本体の厚みを26mmに薄型化した「KFG42Bタイプ」と、本体の厚みをさらに17mmまで抑えて、取り付けスペースに自由度を持たせた「KFG42Sタイプ」の2種類がある。磁気センサーの誤検知防止に必要な距離は従来品が15mmなのに対し、KFG42Sタイプではわずか1mmだ。

標準価格は、KFG42Bタイプが1500円(税抜)、KFG42Sタイプが900円(税抜)となっている。今後5年間で250万台の販売を目指す。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る