3D CADで設定した製品製造情報をXVLに変換するツールを発売 ラティス

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラティス・テクノロジーは2022年12月1日、製造業の図面主体の製造プロセスをデジタルの3D図面を主体とした製造プロセスへ変換する、「XVL Converter Advanced」の販売を2022年12月5日から開始すると発表した。高価な3D CADを持たない企業も、3D図面で作業を進めることができる。ライセンス370万円、年間保守74万円。各税抜き。

XVL Converter Advancedは、超軽量の3DフォーマットであるXVLに、3D CAD「CATIA V5」で設定したセマンティックPMI(製品製造情報)情報をそのまま変換する。XVLで3D図面を表現できるため、ビジュアルで設計意図を正確に伝え、確認できる。セマンティックPMIの利用により、検査工程での実測作業や入力の自動化にも対応。XVL上で可能図面と同等の情報を保持でき、XVLから後工程に必要な情報を入手できるようになる。

XVL Converter Advancedの活用により、3D図面主体のデジタル製造プロセスとなるため、2D図面への転記が不要になる。後工程では、3D帳票や図面の作成、検査での実測作業やデータ入力を自動化。2D図面を起因に発生していた無理や無駄を削減し、3Dの設計情報を一気通貫で流す製造プロセスへと変える。

同社は、3D図面主体の製造プロセスの推進をサポートする3D図面ソリューションの展開として、「変換」「情報付加」「情報伝達」に対応したXVL製品の提供を予定しており、XVL Converter Advancedはその第一弾となる。2023年初頭より、情報を付加する「XVL Studio」、情報を参照できる無償ビューワ「XVL Player」の順次公開を予定している。

なお、XVL Converter Advancedは、現在発売している変換ツール「XVL Converter Light」からの移行パスを用意する。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る