STマイクロ、プラグアンドプレイ型の超小型ワイヤレス充電器開発キットを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

STマイクロエレクトロニクスは2018年8月24日、プラグアンドプレイ型のワイヤレス充電器開発キット「STEVAL-ISB045V1」を発表した。同開発キットにより、スマートウォッチ、スポーツ機器、ヘルスケア機器など、ウェアラブル機器や小型IoT機器向け超小型充電器(最大2.5W出力)の迅速な開発が可能になるという。

同開発キットは、送電側のワイヤレス充電コントローラーIC「STWBC-WA」をベースにしており、直径20mmのコイルが接続されたトランスミッターボードを含む、充電ベースユニットで構成されている。

そして、同コントローラーICは、ドライバを内蔵するとともに、さらなる小型化が可能なハーフブリッジトポロジーもサポート。より小さい直径のコイルを使用した最大1Wの充電も可能だ。

さらに同製品は、安全な充電のための異物検出機能(FOD)や自動検出機能をはじめ、標準的なワイヤレス充電機能にも対応。デジタルフィードバック機能も備えており、供給電力の効率的な調整もできる。

また、ソフトウェア「STSW-STWBCGUI」を使用することで、同コントローラーICの設定や、供給電力、ブリッジ周波数、デモジュレータ品質、プロトコルの状態など動作情報のモニタリングもできる。さらに、GUI動作用のドングルも同梱した。

同製品は、すでに入手可能で、価格は42.0ドル(約4670円)だ。また、STWBC-WA独立では、1000個購入時、約2.82ドル(約310円)で提供されている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る