ジャガー初のフルバッテリーEV SUV「I-PACE」が受注開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バッテリー

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年9月26日、同社として初のフルバッテリー電気自動車となるSUV「I-PACE」の受注を開始したと発表した。

I-PACEは、ホイールベース2990mm、全長4695mm。SUVだがクーペのような流線型のシルエットで、ボンネットを短く低くし、ルーフ・デザインの空力特性を強化。フロントバンパー開口部にアクティブ・ベーンを取り付けるなどの工夫により、空気抵抗係数(Cd値)をわずか0.29にまで引き下げた。

リチウムイオン・バッテリー90kWhを搭載し、最長航続距離はWLTPモードで470km。回生ブレーキ・システムと高効率のヒートポンプ技術などを搭載し、航続距離とバッテリー効率の最大化を図った。

最大効率97%の同社製モーターを前後輪に各1基搭載し、最高出力は400PS、最大トルクは696Nmで、0-100km/h加速タイムは4.8秒だ。

専用のアルミニウム・アーキテクチャーを採用。重量配分は50:50、ねじり剛性は36kNm/degとなる。

バッテリーの充電は、最大7kWのAC普通充電と、50kWのCHAdeMO規格、100kWのDC急速充電に対応。0%から80%へ充電する際には、100kWなら約40分、50kWなら約85分、7kWなら約10時間かかる。

さらに人工知能(AI)アルゴリズムを利用した「スマート・セッティング」を初めて搭載した。ドライバーが近づいてきたことをリモートキーとスマートフォンのBluetoothを介して認識し、ドライバーの好みに応じて温度設定やインフォテインメント、シート位置などを自動調整する。時間・場所・天候・行動パターンに基づき、ドライバーに合わせてカスタマイズするという。

メーカー希望小売価格は、I-PACE Sモデルで959万円(税込)。エクステリアカラーとしては、フォトンレッド、ユーロンホワイト、フジホワイト、シージアムブルーなど全12色が用意されている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る