タトゥーのように電子回路を貼る――肌に密着するフレキシブルな電子スキン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人間の肌は、圧力、温度その他周囲の環境を感じ取るための敏感な神経細胞を有している。ロボットや人工器官でこれらの能力を実現すべく、科学者達は電子スキンの開発に挑んでいる。これまでに、皮膚に電子回路を直接プリントする方法や、高分子ポリマーシートを張り付ける方法が発表されているが、ポルトガルのコインブラ大学(Universidade de Coimbra)の科学者を中心とする研究チームは、タトゥーシールを応用した新たな方法を開発した。研究の詳細は、『ACS Applied Materials & Interfaces』誌に掲載されている。

研究チームの開発した方法は、タトゥー転写用紙にレーザープリンターで回路の型をプリントし、型をトナーインクにだけ付着する銀ペーストで覆った後、ガリウム-インジウム液体金属合金を滴下して回路パターンを作成する、というものだ。

作成した電気回路パターンを、タトゥーシールのように水に浸けて台紙から剥がし、肌に転写する。この方法で作成した電気回路は、厚さ5μm以下と薄く、柔軟で伸縮性があり、不均一な三次元形状を持つ人間の肌にでも、ぴったりと密着させることができる。

この電子スキンにはマイクロチップを載せることも可能で、人工器官、ウェアラブルな健康モニター、ロボティックスなど様々な分野への応用が期待されている。



関連リンク

Flexible electronic skin aids human-machine interactions

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る