フェラーリ、V8 オマージュモデル「新型 V8 SPORT」を発表――世界最高クラスの8気筒ターボエンジンを搭載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フェラーリは2019年3月5日、新型ミッドリヤエンジンスポーツカー「新型 V8 SPORT」を発表した。同モデルは「488 GTB」の後継モデルであり、フェラーリ史上最強との呼び声が高いV8エンジンに対するオマージュが込められている。

新型V8 SPORTには、世界最高クラスの8気筒ターボエンジンを搭載。この総排気量3902ccの90度V型8気筒ターボエンジンの最高出力は、先代の488GTBより50CVパワーアップした720cv/7000rpm、最大トルクは770Nm/3250rpm。リッター当たり185cvを誇るこのエンジンは、100km/hまで2.9秒、200km/hまで7.8秒で到達し、最高速度は340km/hに達する。

このV8ターボエンジンは、すでに他のモデルにも採用されているもので、2016年、2017年、2018年と、3年連続でイギリスの出版社が主催する『インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー』で最優秀エンジンに輝いている。また、2018年には、過去20年間に誕生したエンジンの中で最高のエンジンであることを示す称号『ベスト・オブ・ベスト』が与えられた。

さらに新型V8 SPORTには、同社がレースでの経験で培った最先端のエアロダイナミクスソリューションを採用。優れたハンドリング性能を実現している。ボディは全長4611×全幅1979×全高1206mmで、乾燥重量は1330kg。先代の488GTBと比較して40kgの軽量化を実現した。さらにエアロダイナミック効率が10%上回るほか、エクステリアを含めた全面的な見直しも図っており、最新バージョン(6.1)の「サイドスリップ・アングル・コントロール・システム」も搭載する。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る