バッテリーモジュール検査向けDC 耐電圧絶縁抵抗試験器を発売 日置電機

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日置電機は2022年12月22日、電気自動車などのバッテリーモジュールの安全検査に対応するDC耐電圧絶縁抵抗試験器「ST5680」を発売した。さまざまな国際規格に準拠した検査で、バッテリーの品質を証明。信頼性の高い検査を可能にし、高品質で安全なバッテリー生産に貢献する。

バッテリーモジュールの外装部分は、絶縁状態になるよう設計されているが、生産工程でバッテリーに傷や不良箇所があると、本来流れてはいけない箇所に電気が流れて故障や事故の原因となる。こうした不良箇所がないか確認するのが耐電圧試験や絶縁抵抗試験で、電気製品の安全検査ではほぼ必ず実施される。

ところが従来の試験では、バッテリー内部の微小な傷や、絶縁部に混入した異物などが原因で起きる瞬間的なアーク放電は明確に不良と判断されなかった。しかし、実際にはこのような不良は、想定より短い時間でバッテリーを劣化させ、感電や火災といった事故を引き起こすことがある。

発売されたST5680は試験電圧をモニターし、アーク放電が発生した際は波形を検出。試験結果の数値だけでなく波形も記録することで、生産品質を担保し、問題発生時の原因究明も可能にする。

また、試験対象の製品に正しく接触したかを判断するコンタクトチェック機能があり、配線や設備に問題があった場合も誤判定を防止する。

ST5680の販売価格は税込み55万円。同社は年間の販売目標台数を国内外で2000台としている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る