空中警戒から電子戦まで――AIを使って有人機との連携ミッションも可能なボーイングの最新軍用ドローン「ATS」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Boeing photo

ボーイングは2019年2月27日、最新の軍用ドローン「ボーイング・エアパワー・チーミング・システム(ATS:Airpower Teaming System)」の模型をオーストラリア国際航空ショーで発表した。単機による自律航行はもちろん、AI(人工知能)を使用して有人航空機と安全距離を保ちながら連携できる。初飛行は2020年を予定している。

ATSの全長は11.7m、航続距離は3700km以上で、戦闘機に匹敵する性能を備えている。統合センサーを搭載し、ISR(情報収集・警戒監視・偵察)から電子戦まで様々な任務にあたることができる。迅速な任務変更への対応、他機との安全距離の確保、既存の軍用機との連携を通じて、空中ミッションを補完し拡張する。

同社は研究開発活動の一環として、「ロイヤル・ウィングマン-アドバンスト・デベロップメント・プログラム」と呼ぶ試作機をオーストラリア政府と開発し、そこから得た知見をATSの製造に反映するとしている。

ATSはボーイング・オーストラリアが世界中の顧客のために開発するもので、各国のニーズに応じて自国の装備品や機能を統合できるように設計する予定。同社がアメリカ国外で無人航空機を開発するのは初めてだ。

関連リンク

Boeing introduces new unmanned system for global defense customers

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る