電動車のトランスミッション向け円すいころ軸受「NSK LCube Ⅱ」を開発――電動車の燃費/電費向上に貢献 NSK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本精工(NSK)は2019年3月27日、電動車の変速機に使用される円すいころ軸受「NSK LCube Ⅱ」を開発したと発表した。

電動車の急速な開発進展を背景に、変速機(トランスミッション)領域では燃費/電費向上を目的とした潤滑油の低粘度化や少油量化が進んでいる。結果、変速機に使用される円すいころ軸受への要求が過酷になり、潤滑油膜切れによる軸受の表面損傷や焼き付きの防止が求められていた。

そこで、NSKは今回、ころ転動面ところ頭部に、油溜まりとなる微細な凹部を形成した円すいころ軸受NSK LCube Ⅱを開発。接触面の潤滑油膜の保持性を向上させることで、従来品に比べて8倍以上の耐久性と同等以上の耐焼き付き性を実現した。また、低速域での油溜まり効果により、10%の低フリクション化も実現している。

NSKは、これにより、電動車の燃費/電費向上に貢献できると説明。また、2030年には年間40億円の売上を目指すとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る