ポルシェ、「ケイマンGT4」の新型を発売――最高出力+40PS/天然繊維製ボディパーツ採用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポルシェジャパンは2019年4月5日、ポルシェが展開するサーキット専用車両「ケイマンGT4クラブスポーツ」の後継モデルとなる「718ケイマンGT4クラブスポーツ」を発表した。ポルシェスプリントチャレンジジャパン(PSCJ)への参戦を前提とした「コンペティションモデル」のほか、ブランパンGTシリーズのFIA GT4カテゴリーなどに参戦するための「FIA GT4モデル」を発売する。

718ケイマンGT4クラブスポーツは、ポルシェのヴァイザッハ研究開発センターで原材料の持続可能性を意識して開発されたレーシングカーで、天然繊維コンポジットでできたボディ―パーツを採用している。運転席や助手席ドア、リアウィングは、主に亜麻や麻の繊維などの副産物から生まれる有機繊維の混合物で作製され、重量と剛性についてカーボンファイバーと同等の特性を備えた。

同車に搭載されるエンジンは、3.8リッター水平対向6気筒エンジンだ。その最高出力は313kW(425PS)であり、ケイマンGT4クラブスポーツの最高出力を40PS上回る。この出力は、6速ポルシェデュアルクラッチトランスミッションと機械式リアディファレンシャルロックを介して後輪に伝えられる。

フロントには、911 GT3カップから採用した軽量なマクファーソン式ストラットサスペンションを実装。レーシングブレーキシステムには、直径380mmのスチール製ブレーキディスクを装着した。車内には、ロールケージ、レーシングバケットシート、6点式シートベルトを備えた。車両重量は1320kgと非常に軽量だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る