羽のない安全で静かなドローンを開発――超音波振動で推進、空中に映像を表示する機能も搭載 NTTドコモ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

羽根のないドローン外観

NTTドコモは2019年4月17日、プロペラを使わずに超音波振動によって空中を移動する屋内向けの飛行船型ドローンを開発したと発表した。ドローン本体にプロジェクションマッピングをすることで、空中に映像を表示することもできるという。

本体への映像投影イメージ

ドローンは従来、プロペラや羽ばたき翼などで空中を移動する。しかし、プロペラや翼が人や物に衝突すると大きな怪我や破損につながるという課題があった。

そこで、NTTドコモは今回、ヘリウムガスが充填された風船の浮力によって浮遊し、超音波振動モジュールによって起こる風を推進力とした飛行船型のドローンを開発した。この超音波振動モジュールは、人が触っても安全な微小な振動によって風を誘起し、空気ポンプのように動作する。また、飛行時の音も静かだという。

機体側面の超音波振動モジュール

NTTドコモは今後、このドローンをイベント会場やコンサートホールなどの屋内で飛行させることで、空飛ぶ広告や道案内などに活用するという。また、機体に搭載されたカメラから撮影した映像と画像解析技術を組み合わせて、空中からの監視や警備ソリューションへの活用を想定している。

なお、このドローンは、4月27日から幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議2019」の「日本電信電話ミカカランド・NTT超未来研究所6」に出展予定で、操縦するデモも体験できるという。


 

 

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る