フォルクスワーゲン、全長5mクラスの電動SUVモデル「ID.ROOMZZ」を公開――自動運転システムIQ.DRIVEを搭載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォルクスワーゲンは2019年4月14日(現地時間)、上海モーターショー2019の直前に開催された「ブランドSUVナイト」で、「ID.(アイディ.)」ファミリーの最新メンバーとなる「ID.ROOMZZ(アイディ.ルームス)」を初公開した。量産バージョンは2021年に中国で発売予定だ。

アイディ.ルームスは全長5mクラスの電動SUVモデル。バッテリー容量は82kWhで、航続距離は450km(WLTP)または475km(NEDC:中国)だ。150kW(直流)の急速充電システムを利用すれば、約30分でバッテリー容量の80%まで充電できる。最大225PSの出力を発生する2基の電気モーターがフロントとリヤアクスルを常時駆動(電動四輪駆動)、発進直後から最大トルクに達し、加速後6.6秒で100km/hに達する。最高速度は180km/h(電子リミッター作動)だ。

アイディ.ルームスには従来のメーターパネルは存在せず、手動運転の「ID.Drive(アイディ.ドライブ)」モードでは、ハンドルと一体化したデジタルコックピットがドライバーの目の前に現れる。また、未来の自動運転システムである「IQ.DRIVE(アイキュウ.ドライブ)」を搭載しており、必要に応じて「ID.Pilot(アイディ.パイロット)」モードを起動することにより、ドライバーの監視なしに完全な自動運転(レベル4)で走行できる。

完全な自動運転モードに切り替えた後は、それぞれのシートを25度内側に回転させて、ラウンジのような雰囲気を演出できる。さらに自動運転中に「ID.Pilot Relax(アイディ.パイロット リラックス)」モードに切り替えると、それぞれのニーズに合わせてシートを個別に調整できる。このモードでは、シートの背もたれを、直立位置からリクライニング位置にまで調整できる。多彩なシートアレンジが特徴で、ファミリーユースとビジネスユース両方に対応する。

インテリアの素材については、シートカバーには再生可能な素材から製造された新製品、AppleSkinを採用。また、ドアパネルに組み込まれた「ID.Light(アイディ.ライト)」と呼ばれるエリアには、特殊加工したウッド素材を採用している。アクティブフィルターを利用した「CleanAirシステム」は、周囲の空気が汚れている場合でも室内の空気を清浄な状態に保つ。

同社はアイディ.ルームスを2019年4月26日まで開催される上海モーターショー2019で一般公開する。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る