ポルシェ、新型プラグインハイブリッドモデル「カイエンE-ハイブリッド」を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カイエンE-ハイブリッド

独ポルシェは2019年5月7日、ポルシェカイエンの新しいプラグインハイブリッドモデル「カイエンE-ハイブリッド」を発売すると発表した

カイエンE-ハイブリッドは、3リットルV6エンジン(250kW/340PS)とほぼ無音のエレクトリックシステム(100W/136PS)によって340kW/462PSのシステム最高出力を発揮。加えて、1000rpmから3750rpmのアイドリングをわずかに超える回転数においても700N・mの最大トルクが得られる。

ブーストストラテジーは、パナメーラのハイブリッドモデルと同様に、スーパースポーツカー「918スパイダー」に匹敵。また、プラグインハイブリッドドライブによって、0~100kmの加速タイムは5.0秒をマークする。標準装備のスポーツクロノパッケージのスポーツプラスモードを使用すれば、エンジンとエレクトリックシステムによる最高速度は253km/hに到達する。また、走行条件と性能要件に応じて、全ての回転域で連続してブーストトルクを利用できる。

ドライビングモードによって、ブーストアシスタンスの範囲とバッテリーの充電量が異なり、性能重視のスポーツとスポーツプラスモードでは、ブーストのためにほぼ全てのバッテリーエネルギーを使用可能だ。一方スポーツモードでは、バッテリーは新たなブーストに必要なだけ充電。スポーツプラスモードではバッテリーはできる限り迅速に再充電される。他のモードでは、ブーストのエネルギーを制限することで効率的な走行をサポートする。

また、先代モデルと比較して、モーターによる走行距離とブーストエネルギーが大幅に増えた。バッテリー容量は先代モデルから約30%増の14.1kWh。充電の管理やモニタリングは、ポルシェコミュニケーションマネージメント(PCM)とポルシェコネクトアプリを通じて行う。アプリからのリモート操作で、チャージング開始時間の設定やバッテリー残量の確認もできる。さらに、エンジンが掛かっていないときでも、スマートフォンを通じてオートエアコンの操作が可能だ。

ゼロエミッションの電気モーターのみによる航続距離は最長44kmで、135km/hまで加速できる。平均燃料消費量(NEDC)は使用タイヤによって幅があるが、3.4~3.2L/100kmで、平均電力消費量は20.9~20.6kWh/100kmだ。

他にも、ポルシェトラクションマネジメントシステム(PTM)によるアクティブ制御の4WD機能を搭載。PTMは、広範なトルク配分によって、ドライビングダイナミクス、俊敏性、トラクションコントロール、およびオフロード性能に大きなメリットを提供する。加えて、新しいシャシーによって、新世代カイエンの他の全モデルと同様のスポーツカーのドライビングダイナミクスを発揮する。ポルシェアクティブサスペンションマネジメントシステム(PASM)が標準装備されているのに加え、ハイブリッドモデルでは初めて、ポルシェダイナミックシャシーコントロール(PDCC)がオプションとして選択可能になった。

またポルシェは、今回のカイエンE-ハイブリッドの発売と同時に、新たな装備を追加してカイエンシリーズ全体のコンフォート&アシスタンスシステムの範囲を拡張する。日本仕様では、レーンチェンジアシストとアダプティブクルーズコントロール、パークアシスト、サラウンドビューカメラを標準装備。またオプションとして、新しいヘッドアップディスプレイ、マッサージシート、リモートコントロール付独立ヒーター、および22インチ軽合金製ホイールなどが用意されている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る