バイオマスプラスチック原料「エコニコール」が、ZMPの新型自動運転車「Robocar Walk」に採用 三井化学SKCポリウレタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RoboCar Walk

三井化学と三井化学SKCポリウレタンは2019年7月23日、バイオマスプラスチック原料であるバイオポリオール「エコニコール」が、ZMPが販売する自動運転車両「RoboCar Walk」に採用されたと発表した。Robocar Walkは、新コンセプトの自動運転モビリティで、7月23日~26日の期間で開催中の「ZMP World 2019」にて発表された。

エコニコールは、ひまし油を原料としたバイオマスプラスチック原料だ。ひまし油は、非可食の植物である「ひま」から製造されるため、食料問題とは競合しない。さらに、これを原料とするポリウレタンは、バイオマスプラとして認証を受けられる。そのため、エコニコールを使用したポリウレタンフォームは、自動車のシートや家具のクッション素材として採用が広がっている。

三井化学SKCポリウレタンは今回、エコニコールをRobocar Walkのシートクッション用の原料としてZMPに提供。一般のポリウレタンフォームと比較して27%のCO2削減を実現している。

エコニコールのカーボンニュートラル

ZMPは、エコニコールの採用により、人だけでなく、環境にも優しいロボットを製作できるとコメント。そして、それにより、顧客へより一層の価値提供が可能になると考えているという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る