NASAの全電動実証飛行機「X-57」が完成――試験飛行に向けて準備完了

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Credits: NASA

NASAは、全電動航空機による高速巡航効率、ゼロエミッションフライト、静粛性の高い飛行の実証を目的とした実験機「X-57 Maxwell」の開発を進めている。X-57は、主翼の翼端に2基の巡航モーター、前縁に12基の高揚力モーターを備える「分散型電気推進(distributed electric propulsion)」システムの実験機だ。

X-57の開発は、イタリア製の双発プロペラ機「Tecnam P2006T」のエンジンを電気モーターに換装する形で行われる。既存の航空機をベースとするのは、伝統的な内燃機関と電気推進を比較するためだ。

X-57の「Mod Ⅱ」と呼ばれる最初の機体は2019年10月2日に、エドワーズ空軍基地内にあるアームストロング飛行研究センターに納入された。X-57はそこで、NASAのエンジニアによる地上テスト、タキシングテストなどを経て、最終的には飛行試験が行われる予定だ。その後開発は「Mod Ⅲ」、「Mod Ⅳ」と段階的に行われる計画だ。

X-57の最終形であるMod Ⅳは、12基の高揚力モーターを使って離陸し、巡航高度に達すると高揚力モーターを停止して2基の巡航モーターで飛行する。電気推進により温室効果ガスの排出量は、5分の1から10分の1に低減されるばかりでなく、バッテリー駆動なので、再生可能エネルギーによる電力で飛行できるため、環境的、経済的にも優れている。

関連リンク

NASA Takes Delivery of First All-Electric Experimental Aircraft

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る