指で掴めるジャイロスコープ「RODA」の日本上陸プロジェクトを開始 Kibidango

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デザイン性にこだわった、スタイリッシュなジャイロスコープ「RODA」がクラウドファンディングサイト「Kibidango」に登場した。日本上陸に向けたプロジェクトを2020年2月20日まで展開する。

ジャイロスコープは高速回転による慣性力でバランスを維持する装置で、船や航空機、ロケット、ドローン、カメラ、iPhoneなどにも使用されている。ジャイロスコープが動く過程には、さまざまな科学の力が関わっており、知育玩具でありながらイノベーションを追求する現代では大人向けのおしゃれなサイエンストイとしても知られる。

RODAは、NASAのロケットデザインにも携わった機械工学のスペシャリストが開発したデスクトイで、今までのジャイロスコープにはない新たな特徴を多く備える。側面の持ち手でジャイロスコープを掴める仕様になっており、既存のジャイロスコープが回転の動きを目で見て楽しむことのみだったのに対し、指で掴んで重力の変化も楽しめる仕様となっている。

加えて、RODAにはショーケースが付属しており、どんな場所においても美しさが際立つデザインにこだわっている。また機能性も計算されており、ジャイロスコープを回転させると同時にショーケースも回転する仕組みになっている。さらに専用リップコードも付属しており、これにより1分間に3000回転という、今までにないスピードで回転させることが可能だ。

RODAのサイズは8.5×8.5×6cmで、重さは175g。ギアとローター部分が真鍮で、シャフトは鉄。中にはスチールベアリングが2個入っている。今回のプロジェクトは、目標金額60万円達成で同製品の日本上陸が決定する。早期にプロジェクトを支援すると、予定小売価格1万9800円(税込)のところ、早割価格の1万4900円(税込)でRODAを購入できる。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る