世界最高のCW光出力200mWを達成したセンサー/バイオメディカル用レーザーダイオード

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウシオオプトセミコンダクターは2020年1月28日、CW光出力200mWを達成したシングルモードレーザー「HL65221DG」シリーズの販売を2020年2月から開始すると発表した。このCW光出力は、センサーやバイオメディカル用の660nm帯シングルモードレーザーとしては世界最高だという。

近年、センサーやバイオメディカル用途となるシングルモードのレーザーダイオード(LD)は、さらに装置性能を改善するため、長距離計測、高解像度、高スループットなどの要求がある。特にバイオメディカル用途は、該当波長帯の光化学反応を高効率、短時間にするため、さらなる高出力化と良好なビーム品質が求められているという。

しかし、660nm帯シングルモードLDは、AlGaInP系材料に添加する不純物濃度を高めることで良好な温度特性を発揮する一方で、高濃度の不純物が信頼性を低下させることから、良好な温度特性と信頼性との両立という課題があり、CW光出力は100mW程度に留まっていた。

今回販売するレーザーダイオードは、同社が持つ結晶成長の技術と高出力化の知見を融合させて製品化。660nm帯シングルモードLDとしては世界最高というCW光出力200mWを達成している。同時に、各種用途で求められる短パルス幅での高出力動作にも対応し、パルス光出力400mWを達成している。

また、電力変換効率32%を達成している。横シングルモード発振で安定して動作。パッケージは5.6mmと小型だが、75℃の高温でも動作する。ピン配置は3種類。モニタ用フォトダイオードを内蔵し、回路構成の簡易化に寄与する。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る