検出距離最大1000m、低価格な自動運転向け高性能LiDARセンサー「Livox Tele-15」の出荷を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Livox Technology Company(Livox)は2020年6月17日、検出距離を強化した自動運転向け高性能LiDARセンサー「Livox Tele-15」の出荷を開始した。検出距離は最大1000m、128Line相当となっている。価格は14万8000円(税込)となる。

Livox Tele-15は、長距離検出用に設計された。反射率が低いオブジェクトの検出範囲を、反射率が10%の対象物については320mに改善。反射率50%の対象物では、500mまでの検出が可能だ。これまでは、その距離の検出に80%の反射率が必要だった。また、カスタムファームウェアのサポートより、最大検出距離は1000mに拡大し、事前障害物検知の時間を稼げるようにした。

同製品は、マルチラインレーザーと非反復スキャンパターンを組み合わせており、100msでFOVの99.8%のカバーが可能。そのため、センサーを搭載した車両は前方の状況をより迅速に把握できる。反射率の低い黒い車の場合は、500mの距離を100msで14ポイント検出でき、自動運転アルゴリズムの厳しい点群データの要求に応えられる。

また、回転のない光学コンポーネントを搭載したオプトエレクトロニクスシステム設計を採用。そのため、信頼性が高く、耐用年数が長くなっている。コンポーネントは10年間の自動車規定の寿命要件を満たし、4万時間のMTTF(平均故障寿命)を達成している。全体的なパフォーマンスは、L3/L4自動運転アプリケーションの要件を上回っているという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る