空中に浮かんだ画像に触れると反応する非接触スイッチを開発――2020年中に実用レベルを目指す パリティ・イノベーションズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パリティ・イノベーションズは2020年7月8日、非接触空中スイッチモジュール「AirSwich」を開発したことを発表した。空中に浮かんだ画像に触れると、機器が反応する。2020年中に実用レベルまでの開発を行い、その後商品化を目指す。

AirSwichは、独自技術により空中に映像を浮かび上がらせる結像光学素子パリティミラーを応用しており、パリティミラーとセンサーを組み合わせて空中に浮かんだ画像に触れると反応する非接触スイッチとしている。

パリティミラーのマイクロミラーアレイ構造により、空中に映像を浮かび上がらせ、指を空中に浮かんだスイッチの画像にかざすとセンサーと連動して機器が反応する。

空中結像のしくみ

AirSwich の事例:空中に浮かび上がるアイコン

空中に画像としてアイコンが浮かんでおり、指で画像にタッチすることで反応するため、操作時に指が物理的なモノに触れずにすみ衛生的で感染予防になる。空中に浮かぶ画像は、用途に応じて自由に形状や色を設定できる。操作音のカスタマイズにも対応。ボタンとしての認識もしやすく、誤操作を防ぐという。

新型コロナウイルス感染予防のため、公共の場などの分野で非接触の操作やコミュニケーション手段のニーズが高まっており、非接触の操作によるさまざまな機器の市場拡大が加速すると予測される。AirSwichは今後、エレベーター、ドアの開閉、機器の操作など店舗や公共施設、オフィス、工場など多分野に渡っての実用化を目指し、各分野の企業と連携していく。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る