自動運転のセーフティレポートを無料公開――アプローチや実証実験例、今後の課題などを集約 ティアフォー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ティアフォーは2020年8月4日、自動運転の普及に向けたアプローチや実証実験の実績、今後の技術開発、課題および対策などをまとめた「Tier IV Safety Report 2020」を公開した。発表によると、自動運転に関するセーフティレポートは国内初だという。

同社は2015年の創業以来自動運転技術の開発を進めており、オープンソースの自動運転ソフトウェア「Autoware」を用いたエコシステムの構築を推進している。これまで、国内では18都道府県の約50市区町村において、Autoware搭載車両による公開型の実証実験を約70回実施している。

今回のレポートでは、同社がAutowareの開発やさまざまな環境下での実証実験によって得た経験を基に、⾃動運転システムが安全に作動するための前提条件であるODD(Operational Design Domain)類型やリファレンス・デザインが一部公開された。

また、自動運転技術の検証方法や車両走行を伴ったオペレーションの安全性対策、規制への対応や許認可に対する提言など、同社のこれまでの開発および実証実験により明らかになったさまざまな課題についても紹介されている。

同レポートは日本語版PDFを無料でダウンロードできるほか、英語版も後日公開予定となっている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る