処理性能を向上させた機械装置設計向け3次元CAD最新版「iCAD SX V8L1」を発売――300万部品を0.2秒で処理 富士通

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3次元データを活用した動きの設計検討と検証

富士通は2020年11月16日、同社の機械装置設計向け3次元CADソフトウェア「FUJITSU Manufacturing Industry Solution COLMINA 設計製造支援 iCAD SX」(iCAD SX)の最新バージョン「iCAD SX V8L1」を同日から販売開始すると発表した。

同ソフトウェアは同社独自開発の高速3次元CADエンジンを搭載。メモリアクセス処理を改善し、旧バージョンと比較して大幅に処理性能を向上させた。3次元上で扱える部品数を旧バージョンの3倍に拡張。300万部品を0.2秒で処理できる。これにより、超大規模な半導体製造装置や設備ライン、工場全体の設計時に3次元データへ設計情報を蓄積しても、レスポンス低下の心配がなくなるという。

また、従来はシステム上に記録できなかった3次元装置モデルの移動量や動きの順序、タイミングなどの動作情報を、設計の初期段階から3次元データへ直接入力できるようになった。これにより周辺部品との位置関係を確認しながら工程やサイクルタイムの検討ができるようになる。また蓄積した3次元データをそのまま活用することで、制御設計での実機レスデバッグが可能になる。

さらに、設計初期段階から確定する加工条件や組み立て指示などの製造情報を、決定したタイミングで蓄積できる機能を追加。これにより3次元装置モデルと加工情報を活用した部品コストの計算や、部品間の表面粗さやはめ合い交差の整合性を確認する3D検図が可能になる。製造や保守サービスでも、事前に組み立てや消耗部品の交換手順を3D確認できたり、海外工場での組み立て時に国内から技術者がリモートで作業指示を出したりすることができるようになる。

価格は138万円(税別)からで、2021年1月18日から提供開始する。同社では2021年度中に2万ライセンスの販売を目指す。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る