東京―グアム間で5Gを活用した車両の遠隔運転に成功――エンターテインメント車両Sociable Cart「SC-1」を利用 ソニーとNTTドコモ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニーは2021年3月22日、NTTドコモらと共同で、2500km離れた東京-グアム島間で、5Gを活用した車両の遠隔運転の実証実験に成功したと発表した。

ソニーは、前後左右に超高感度のイメージセンサーを搭載して、全方位の映像を車内ディスプレイに投影し、周辺環境を一度に把握できるエンターテインメント車両Sociable Cart「SC-1」を開発している。同車両は、搭載した超高感度イメージセンサーや高解像度ディスプレイによって、夜でもライトなしで周辺を認識しながら運転が可能だ。

今回の実証実験は、グアム島の検証用屋外施設にあるSC-1の周辺映像を東京へ伝送。5Gの低遅延、大容量、高速の特徴を生かしてその映像を元にリアルタイムで東京からSC-1を遠隔で運転した。実験は乗客を載せた状態で実施した。

今回の実験用通信にはNTTドコモの子会社、ドコモパシフィックの5Gを利用した。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る