低トルクで耐グリース漏れ性と耐久性を向上したフィルム延伸機テンタークリップ用軸受を開発――プラスチックフィルムの生産性向上に貢献 NTN

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NTNは2021年3月31日、低トルクで耐グリース漏れ性と耐久性を大幅に向上させたフィルム延伸機テンタークリップ用軸受を開発したと発表した。保持器とグリースの見直しにより、低トルク化、グリース漏れの抑制、耐焼付き性を向上している。

テンタークリップは、プラスチックフィルムを加熱、搬送しながら薄く引き伸ばす装置であるフィルム延伸機上で、フィルムの両端をつかんでレールを走行し、ガイドローラとして複数の軸受が使用される。

テンタークリップには、延伸機の全長に応じて1台あたり数千から数万個の軸受が使用されるため、摩擦損失や交換によるランニングコストを抑える必要があり、軸受には低トルクと優れた耐久性が求められる。

また、生産性向上のため、テンタークリップの走行速度は高速化する傾向にある。一般的に軸受内部のグリースは高速、高温では漏れやすくなり、フィルムの汚染や不測のメンテナンスの必要性が生じることから、軸受グリースには優れた耐漏れ性が要求される。

今回開発したテンタークリップ用軸受は、「非接触シール」、内径を拡大してグリースの保持性を向上させた「新開発保持器」、耐熱性に優れる「長寿命グリース」を適用。低トルク化、グリース漏れの抑制、耐焼付き性を向上している。

具体的には、同社従来品(非接触シール形軸受)の低トルク性能を損なうことなく、グリース漏れ量を70%低減、耐焼付き性を40%向上。軸受温度が230℃まで使用できる中温仕様と、300℃まで使用できる高温仕様をラインアップし、汎用プラスチックフィルムからエンジニアリングプラスチックフィルムまで幅広い延伸温度に対応する。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る