米国防総省、敵のミサイルを撃墜するナノサテライトを試験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米ミサイル防衛局(MDA)は2021年6月30日、カリフォルニア州モハーヴェ航空宇宙港からナノサテライト(超小型衛星)「CubeSat」2機を地球低軌道へ打ち上げ、ミサイル防衛技術に関する重要な実証試験を開始した。

MDAは、極超音速ミサイルや飛来する弾道ミサイルを追跡する「極超音速・弾道追跡宇宙センサー(HBTSS)」を開発している。最終的に低軌道の衛星に配備されると、極超音速および弾道ミサイルの脅威を検出して追跡し、ミサイル防衛システムと戦闘機に重要なデータを提供する。

CubeSatは大きさなどが規格化されており、10×10×10cmのものを1U、20×10×10 cmのものを2U、30×10×10 cmのものを3Uと呼ぶ。MDAのイノベーション、科学技術の責任者であるShari Feth氏は、CubeSatの規格は極めて具体的で、これに準拠することで、宇宙への輸送や宇宙への配備に関連するコストなど、ミッションコストの削減ができるとしている。

実験目的は、小型低コストの衛星を使った軌道上のナノサテライト間の無線ネットワーク通信の実証だ。敵のミサイルが目標に到達する前にそれを即時に識別、追跡、破壊するミサイル防衛アーキテクチャーにとって、感知、迎撃、通信システム間のデータ通信は極めて重要なものだ。他にも、小型衛星の編隊飛行、SDR(ソフトウェア無線)、アドホックネットワークなどの実証試験も行われる。

MDAのCubeSatは、国防総省の他のナノサテライト2機と共に、Virgin Orbitの「LauncherOne」ロケットを使い、VOX Spaceによって行われた。LauncherOneは、小型の空中発射ロケットで、Boeing 747-400型機を改修した航空機で上空1万2000メートルまで運ばれ、切り離された後にロケットエンジンに点火して衛星を軌道に投入する。

関連リンク

Nanosatellites Could Play Pivotal Role in Defense Against Enemy Missiles

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る