ポータブルネットワークテスター「MT1040A」を機能強化するオプション製品「MT1040A-020」を開発 アンリツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アンリツは2021年8月27日、400G対応のネットワークテスター「ネットワークマスタ プロ MT1040A」の機能を強化するオプション製品「400Gデュアル/100Gクアッドチャネル拡張 MT1040A-020」を同日発売すると発表した。

MT1040Aは、10Mbpsから400Gbpsまでの通信速度で運用される各種ネットワークの通信品質を評価できるポータブル測定器。MT1040A-020をMT1040Aに実装すれば、400G測定モジュールを2つ装着することで400Gイーサネットを2ポート同時に測定できる。これによってデータ送受信の試験も同時にできるようになり、1台のMT1040Aで400G装置の遅延測定や品質試験実施が可能になる。

また、MT1040Aは、複数の試験の合否判定を1つのボタンで実行できる自動試験機能を備えているため、測定現場での複雑な作業や熟練者によるサポートを減らすことができ、試験工数の大幅な削減にもつながる。

5Gサービスの開始やクラウドコンピューティングの拡大、テレワークやオンライン授業の急速な普及などによって、ネットワークの高速化や大容量化が求められる中、MT1040Aのように操作が容易で持ち運びでき、ネットワーク装置を簡易に評価できる測定器の需要が高まっている。

こうした状況を踏まえ、同社では、通信事業者や通信ネットワークの工事会社、通信設備保守会社などを対象に、通信ネットワークやデータセンターの開通、保守、トラブル対応などへの用途を想定している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る