非接触操作ができるHMI機能を搭載した32ビットマイコンRXファミリを発売——機器の高性能化と省電力化を両立 ルネサス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ルネサス エレクトロニクスは2021年9月8日、機器の高性能化と省電力化を両立し、非接触操作ができるHMI機能を搭載した32ビットマイコンRXファミリの新製品「RX671」を発売した。大容量メモリを搭載した極小パッケージも用意し、幅広いニーズに1チップで対応する。参考価格は、64ピンLFQFPパッケージで2MBフラッシュメモリ搭載品「R5F5671EDDFM#30」が1万個一括購入時に4.94米ドル(税抜)となる。

RX671は、120MHz動作のRXv3コアと60MHzの高速読み出しができるフラッシュメモリを搭載。最大で707CoreMarkのリアルタイム性能と、業界最高クラスとなる48.8CoreMark/mAの高い電力効率を持つという。

48~145ピンの幅広いパッケージをラインアップし、RX600シリーズのメインストリームとして多様な用途に対応。すべてのパッケージに2MBのフラッシュメモリと384kBのSRAM搭載品をラインアップする。

また、2MBフラッシュメモリを搭載したマイコンとして最小クラスとなる4.5×4.5mmの64ピンTFBGAパッケージを提供し、特に小型アプリケーションの高機能化に対応。1チップで、高機能化、省電力化、小型化が同時に求められるHVAC(暖房、換気、空調)やスマートメータ、スマート家電など幅広いアプリケーションのニーズに応える。

RX671は、COVID-19によるニューノーマルに対応するため衛生的な非接触ユーザインタフェースの需要が高まっていることから、高感度かつノイズ耐性に優れた静電容量式タッチセンサユニットを搭載。非接触の近接スイッチに対応する。

長距離での音声認識に長けるデジタルマイク接続用のシリアルサウンドインタフェースも搭載しており、市場実績のあるパートナー企業の音声認識ミドルウェアと組み合わせることで、音声認識での非接触操作機能を早期に開発できる。

評価用ボードは、デバッガ不要で手軽にRX671を評価できる「Target Board for RX671」と、主要機能の詳細評価に適した「Renesas Starter Kit+ for RX671」の2種類を提供する。

いずれもPmodコネクタを搭載しており、同社のWi-Fi Pmod拡張ボード(RTK00WFMX0B00000BE)を接続することで、容易に無線ネットワーク接続を評価できる。特にRenesas Starter Kit+ for RX671は、Wi-Fi Pmod拡張ボードとの組み合わせでFreeRTOS認定を取得しており、ユーザはGitHubから認定済みのサンプルプログラムを無償で入手してすぐにAWSとの連携を試せる。

さらにRX671は、セキュリティエンジンとしてトラステッドセキュアIPを搭載。AES、RSA、ECC、SHA、TRNGなどの暗号処理や、鍵の管理ができる。内蔵フラッシュメモリのデュアルバンク機能とプロテクション機能を組み合わせ、安全なファームウェアアップデートやセキュアブートができるという。

新製品は、64ピン、100ピン、144ピンLFQFPパッケージ品の発売と量産を開始。2022年第1四半期に、48ピンHWQFN、64ピンTFBGA、100ピンTFLGA、145ピンTFLGAパッケージ品の発売と量産を開始する。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る