モジュールタイプのプローブ用変換器「Indigo510」を発売――使いやすさを向上 ヴァイサラ

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴァイサラは2021年9月27日、同社スマートプローブ用変換器「Indigo500シリーズ」の新製品で、モジュールタイプの「Indigo510」を同日発売したと発表した。

同製品は2020年発売の「Indigo520」変換器の高い精度と堅牢性を引き継ぎながら、使いやすさを向上させたモデルだ。プローブの付け替えによって、湿度や温度、露点、オイル内水分、二酸化炭素、過酸化水素蒸気の測定に対応する。変換器に接続したスマートプローブは、現場で簡単に交換できるため、メンテナンス性も向上した。

また、Indigo520同様にIndigoシリーズとの互換性を有し、IP66およびNEMA4に対応する堅牢な筐体を持つ。直感的な計測値や操作ができるタッチパネルも搭載している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る