FacebookがRay-Banブランドのスマートグラス「Ray-Ban Stories」を発売――写真や動画の撮影や共有が可能

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米Facebookは2021年9月9日(現地時間)、Ray-Banブランドを擁する仏EssilorLuxotticaと共同開発したスマートグラス「Ray-Ban Stories」を発売したと発表した。

Ray-Ban Storiesは、写真や動画を撮影したり、撮影した写真や動画を共有したり、音楽を聴いたり、通話したりできるスマートグラスだ。

5メガピクセルカメラを2個搭載しており、自分が見たままの世界をそのまま記録できる。写真や動画(1回につき最大30秒)の撮影は、右のテンプル上部にあるキャプチャーボタンを押すだけでなく、「Facebook Assistant」の音声コマンドを使ってハンズフリーですることもできる。プライバシーにも配慮されており、撮影中はリム右端前面にあるLEDが点灯し、周囲の人に撮影していることを知らせるようになっている。電源スイッチでスマートグラスを完全に電源オフにすることもできる。

さらに、テンプルには流線型のオープンイヤースピーカーを内蔵しており、通話だけでなく、音楽やポッドキャストを聴くことも可能だ。

また、iOSとAndroidに対応した「Facebook View」アプリを使うと、撮影したコンテンツをスマートフォン内のFacebook、Instagram、WhatsAppなどのアプリにインポートして、編集や共有ができる。コンテンツをスマートフォンのカメラロールに保存し、そこから編集、共有も可能だ。

ハードタイプのメガネケースに似たポータブル充電ケースが付属しており、外出先でも充電でき、Ray-Ban Storiesを保護できる。充電ケースをフル充電しておくと、連続3日間、使用可能だという。また、Ray-Ban Storiesは重量にも妥協せず、オリジナルモデルの「Wayfarer」サングラスと比べても約5グラムしか重くなっていない。

Ray-Ban Storiesの価格は299ドル(約3万2900円)からで、フレームデザインは「Wayfarer/Wayfarer Large」、「Round」、「Meteor」の3種類から選択でき、フレームとレンズの色もそれぞれ複数用意されているので、組み合わせて選ぶことができる。発表時点での販売地域はアメリカ、オーストラリア、カナダ、英国、アイルランド、イタリアのみで、オンラインショップおよび一部の小売店で購入できる。

関連リンク

Ray-Ban and Facebook introduce Ray-Ban Stories, first-generation smart glasses
RAY-BAN STORIES

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る