EVを充電できるキャンピングトレーラー「Boulder」が登場

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Colorado Teardrops/YouTube

米Colorado Teardropsは、同社トレーラーのフラグシップモデルとなる「Boulder」のプレオーダーを受け付け中だ。電気自動車(EV)での牽引を想定したBoulderには、バックアップ用のEVバッテリーを搭載している。再充電により、EVの航続距離をトレーラー非牽引時以上に延長できる。

Boulderは、クイーンサイズのベッドと4人家族を収容できる二段ベッドを中心に構築されたキャビンを備えている。人間工学に基づいてデザインされた調理しやすいキッチンが、車両の外に突き出すように展開する。食料などは豊富な収納スペースに保管できるため数日間のキャンプも可能だ。

アルミフレームをベースにしたキャビンの重量は、75kWhバッテリーパック含め1950ポンド(約885kg)と軽量なため、小型エンジン搭載の車両でも牽引できる。EV急速充電規格CCS(Combined Charging System)対応の充電ポートを備えており、EVを充電する際にトレーラーにも充電しておくことで、充電ステーションから遠く離れた自然の中でも安心してキャンプが楽しめそうだ。Bluetooth接続をすることで、スマートフォンやキャビン内のスクリーンからバッテリーの状態に関する情報を確認できるシステムも開発中だという。

関連リンク

THE BOULDER

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る