米Chevrolet史上最大かつ最強――1000馬力超のエンジン「ZZ632/1000」を発表

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米Chevrolet Performanceは2021年10月20日、ブランド史上「最大で最高」と称するクレートエンジン「ZZ632/1000」を発表した。レース向けにエンジン単体で販売されるこの632立方インチ(約10.4L)の自然吸気V-8エンジンは、1004hpの最高出力と、876ft・lb(約1188Nm)の最大トルクを発揮する。

ポート噴射式のエンジンは6600rpmでピークパワーに達し、最高許容回転数は7000rpmだ。8つの吸気ポートは全て等長となるよう設計、レイアウトされ、排気ポートも同様だ。従来のビッグブロックエンジンは、シリンダーごとにポート形状が違っていたが、ZZ632では対称性を持たせた設計により、すべてのシリンダーから同じ出力が期待できるという。

鋳鉄のエンジンブロックは同社の「COPO Camaro」にも搭載されるビッグブロック「ZZ572」と型を共有し、ZZ632向けに機械加工している。高流量シリンダーヘッドはCNC加工のアルミニウム、クランクシャフトとコネクティングロッドは鍛造鋼製、ピストンは鍛造アルミニウム製だ。

ZZ632/1000は、2021年11月2~5日にラスベガスで開催の「2021 SEMA Show」で展示された。価格は明らかにしていないが、2022年初頭の出荷を予定している。なお、車両排出ガス規制のため公道を走ることはできず、あくまでレース専用エンジンとなる。

関連リンク

CHEVROLET PERFORMANCE UNVEILS ITS LARGEST, MOST POWERFUL CRATE ENGINE EVER

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る