独Mercedes-Benz、「Sクラス」にレベル3自動運転機能「DRIVE PILOT」を搭載

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツのMercedes-Benzは2021年12月9日、同社の自動運転技術「DRIVE PILOT」が、条件付き自動運転「レベル3」の国際的な認証を取得したと発表した。高速道路の一部区間で、ドライバーは運転を車に任せ、ネットサーフィンや映画も楽しめるようになる。2022年前半に、DRIVE PILOT搭載のSクラスを販売する予定だ。

同技術は、国連が定める技術認証規則「UN-R157」に基づき、ドイツ連邦陸運局(KBA)のシステム認証を取得した。ドイツ国内の適切な高速道路区間において、混雑時や渋滞時に、時速60km以下の自動運転が可能になる。同社によると、UN-R157に準拠した国際認証取得は世界初となる。

「我々は長年、自動運転という構想の実現に取り組んできた。LiDARベースのシステムを使って、顧客にユニークでぜいたくな運転体験を提供し、最も大切な“時間”を提供する革新的な車両技術を開発した。我々は今、当局の認可を得て大きな進歩を遂げ、ドイツで条件付き自動運転を量産する初のメーカーとなった」と、DaimlerおよびMercedes-Benzの取締役会メンバーであるMarkus Schäfer氏は語る。既に、アメリカや中国で大規模なテスト走行を始めている。

レベル3の自動運転では、システムが全ての運転タスクを担うが、システムの介入要求等に対してドライバーが適切に対応することを必要とする。

DRIVE PILOTへの切り替えボタンは、ハンドル上に配置。自動運転モードになると、システム側で速度と距離を制御し、ルートプロファイル、ルート上のイベント、信号機を考慮しながら、車線内を走行する。また、予期せぬ交通状況にも反応し、車線内の回避操作やブレーキ操作などで対応する。

システムにはLiDARをはじめ、緊急車両の回転灯やサイレンを検出するためのカメラやマイク、ホイールウェルには濡れセンサーなど、多数のセンサーを搭載する。DRIVE PILOT搭載のSクラスには、ステアリングとブレーキシステム、オンボード電子システムに冗長性を備えており、仮にこれらシステムの1つが故障しても運転可能で、安全がドライバーに引き継がれることを保証している。

また、急病などでドライバーが制御の引き継ぎに失敗した場合は、システム側が適切な方法でブレーキを働かせて安全に車両を停止し、同時にハザードランプを点灯する。車両停止後に、Mercedes-Benz緊急通報システムが作動し、第三者が内部へアクセスしやすいようにドアと窓が開錠される。

さらに、従来のGPSよりも高精度の位置システムを採用するなど、安全性を最優先に考慮したシステムとなっている。レベル3の自動運転により、これまで走行中に操作できなかった中央モニターのアプリケーションにもアクセスできる。同システムは、Sクラスの高級EVセダン「EQS」にも搭載予定だ。

関連リンク

Mercedes-Benz receives world’s first internationally valid system approval for conditionally automated driving

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る