60年代のフォード・マスタングを536馬力のEVに仕立てるイギリスのスタートアップ

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イギリスのスタートアップ企業であるCharge Carsが、象徴的なデザインを維持しながら先進の電気技術で、60年代のフォード・マスタングを電気自動車(EV)として再設計しようとしている。クラシックカーに最高水準のパフォーマンスを与えながら、エミッションフリーを目指す。

バッテリー容量は最大64 kWhで、50 kW DCのチャージスポットに対応している。航行距離は約322km で、停止した状態から時速96.5kmまで加速するのにかかる時間は3.9秒だ。モータートルクは1500 Nmで、536馬力に相当する。

同性能は、独自の技術AiWD(all-independent wheel drive:全輪独立駆動システム)によって支えられているという。

同社のエンジニアは、McLarenやJaguar Land Rover、F1レーシングチームといったさまざまなプロジェクトに参画している。今後、EVテクノロジー企業のArrival、世界初のAIレースプラットフォームRoborace、タイヤメーカーのMichelinなどと協業して業界の最先端のテクノロジーとパーツを車両に搭載する予定だ。

本モデルは499台の限定生産で、現在予約を受け付けている。価格は35万ポンド(約5770万円)からとなっている。

関連リンク

charge cars product

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る