高電圧、高耐熱のリード形電気二重層キャパシタ定格3.0V品を開発 日本ケミコン

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本ケミコンは2022年5月17日、高電圧、高耐熱のリード形電気二重層キャパシタ定格3.0V品「DKH」シリーズを開発したと発表した。リード形電気二重層キャパシタDLCAPの定格2.5V品「DKA」シリーズ、定格2.7V品「DKG」シリーズに加わる新製品となる。

DKHシリーズは、定格電圧を3.0Vに高電圧化。カテゴリ温度範囲を最高85℃となる-20℃~+85℃、製品サイズをφ18mm×40mmLとしており、高耐熱化と小形化を達成している。

セル1本あたりのエネルギー量は、高電圧化に伴って増加。員数削減により、システムの小型/軽量化に貢献する。搭載場所は、高耐熱化で自由度が広がっている。車載機器の緊急時におけるバックアップ電源を主な用途としており、電動ドアロック、シフトバイワイヤ、EPS(電動パワーステアリング)、ドライブレコーダーなどでの機器設計の最適化に対応する。

電解液は従来通り、シアン化ガス発生の懸念があるアセトニトリル(AN)溶媒は不使用。さらに、リード形電気二重層キャパシタでは世界初となる3.2V 50℃ 2000時間を保証する。サンプル対応は2022年5月、量産対応は2023年12月を予定している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る