メルセデス・ベンツ日本、新型Eクラスを発表――E200には新技術BSG+48V電気システムを搭載した直列4気筒エンジンを採用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデス・ベンツ日本は2019年3月22日、メルセデス・ベンツEクラスの新型として、排気量1.5リッターのM264エンジンを備える「E 200 アバンギャルド」「E 200 4MATIC アバンギャルド」と、排気量2.0リッターのM264エンジンを備える「E 300 アバンギャルド スポーツ」を発表した。

M264は直列4気筒のターボエンジンである。ツインスクロールターボチャージャーのほか、可変バルブリフトシステム「カムトロニック」を実装。シリンダーウォールを底に向かってやや広がるように加工する「コニックシェイプ加工」を採用し、ピストンが熱膨張時に発生する摩擦低減を図っている。

E 200 アバンギャルドとE 200 4MATIC アバンギャルドには、「BSG」や「48V電気システム」も搭載。BSGはスターターとジェネレーターを兼ねるモーターで、ベルトを介しクランクシャフトに接続される。これらの技術は、回生ブレーキなどで生じた電気を約1kWhのリチウムイオン電池に蓄電し、エンジン始動、加速、ギアシフトなどの際に最大トルク160N・mの動力補助を行う。

E 200が搭載するM264は最高出力が184PS(135kW)で、最大トルクが280N・m。E 300が搭載するM264は最高出力が258PS(190kW)で、最大トルクが370N・mである。よって、E 300は従来型のE 250に比べ最高出力が47PS(35kW)、最大トルクが20N・m向上している。

E 200 アバンギャルド、E 200 4MATIC アバンギャルド、E 300 アバンギャルド スポーツは、いずれもすでに全国のメルセデス・ベンツ正規販売店で注文を受け付けている。納車は6月以降の予定としている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る