イオン推進の静音ドローンが、生活圏などへ活躍の場を広げる

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テクノロジースタートアップ企業の米Undefined Technologiesは2022年4月18日、イオン推進技術を特徴とする静音ドローン「Silent Ventus」の開発状況を発表した。

ドローンの騒音対策は、普及のための主要な課題だ。NASAの調査によると、ドローンの騒音は迷惑度の観点で最高ランクに分類される。商業用ドローンの騒音レベルは85~96 dBだが、これはアメリカの一般的な住宅地、工業地帯、商業地帯で許容される50~70 dBを大幅に上回る。

同社は2021年12月にSilent Ventusのテスト飛行を実施し、2分30秒の飛行中に機体の性能、飛行力学、耐久性、騒音レベルを評価した。従来型に対して飛行時間は5倍に伸び、騒音は85dB以下を達成した。Silent Ventusが搭載する機構は、既存のイオンスラスター技術と比べて、大気圏内でのイオン推進性能が最大160%に向上したという。

同社によればこの開発成果から、商品配達、警備、監視を含むさまざまな民間用途、あるいは軍事用途での商品化機会の創出が期待できるという。都市部でのラストワンマイルの貨物輸送分野の規制値である70dBを下回り、今後は飛行時間を延ばす段階に進む計画だ。

関連リンク

WHAT THE NEXT-GENERATION SILENT DRONE LOOKS LIKE
NEXT GENERATION SILENT DRONE

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る