世界最速のピックアップトラック、ジェットエンジンの推力で時速563kmを達成

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Barcroft Cars/YouTube

YouTubeチャンネル「Barcroft Cars」は2022年5月の動画で、世界最速のピックアップトラックとしてHayden Proffitt 2世氏が所有する「Hot Streak Ⅱ」を紹介した。

Hot Streak Ⅱの外観は1957年のChevy(シボレー)ピックアップトラックのレプリカで、ガラス繊維素材製だ。動力源は、米Westinghouse製のジェットエンジン「J34」を2基搭載する。J34は1940年代から米軍で長く運用されたターボジェットエンジンで、T-2 buckeye練習機から取り外したものだ。

性能は、2万5千馬力の出力と約1950kgの重量により、最高速度は時速約563kmに達する。トップスピードからの減速は、後方にパラシュートを開いて10Gの制動力を得る。

ジェットエンジンを搭載したトラックは、1990年代にLes Shockley氏が製作した。かつてHayden氏の祖父は、Shockley氏が製作した「Shockwave」を購入して「Hot Streak」と改名した。Hayden氏はその後継にあたる「Super Shockwave」を入手したが、祖父にちなんでHot Streak Ⅱと名付けたという。

Hayden氏は高校卒業後に米空軍で整備士として勤務し、F15戦闘機やB2ステルス爆撃機を担当した経歴を持つ。それらの経験から、Hot Streak Ⅱのジェットエンジンも熟知している。

Shockley氏は2019年に逝去したが、同氏の偉業はHot Streak IIや他のShockwaveのなかで生き続けている。

関連リンク

The World’s Fastest Pick-Up Truck | RIDICULOUS RIDES

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る