中国で世界最大出力の16メガワット級洋上風力タービンが完成

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

File photo: Xinhua

中国の国営企業で発電大手のChina Three Gorgesが2022年11月25日、世界最大出力となる16メガワットの洋上風力発電用タービンが福建省でラインオフしたと発表した。

同社は、同じく中国のGoldwindと同タービンを共同で開発。50階建てのビルの高さに相当する146mのハブを備え、羽根車は直径252mと世界最大となる一方、メガワット当たりの重量は最軽量級だという。年間発電量は推定6600万kWh以上で、3人家族3万6000世帯の年間電力需要量を満たせる上、標準炭2万2000トンの節約と二酸化炭素5万4000 トンの排出量削減につながる。

Goldwindは、風力発電の大規模化による稼働コストの削減を期待している。また、同社のチーフエンジニアZhai Endi氏は、「稼働状態のモニタリングを高い水準でデジタル化しており、台風のような悪天候に合わせて運転モードを賢く調節します」と説明した。

China Three Gorgesは、「洋上風力発電のリーダーになる」という目標を掲げ、大規模なプロジェクトの立ち上げを推進している。同社のLei Mingshan会長は、「中国の風力タービン製造は飛躍的な発展を遂げ、世界をリードしている」と述べた。

関連リンク

World’s largest offshore wind turbine off assembly line in China

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る