愛知製鋼とニッパツ、強度と靭性を両立した「トラック用高強度板ばね用鋼」を共同開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知製鋼は2017年4月17日、自動車の軽量化/燃費改善に貢献する「高強度板ばね用鋼AUP30NS」を日本発条(ニッパツ)と共同開発したと発表した。トラックなど自動車懸架用板ばねを用途とし、高い強度と優れた靭性(粘り強さ)を両立した。

今回開発された板ばね用鋼は、高硬さ領域において優れた靭性を発揮する独自の成分設計に加え、鋼材製造から板ばね成形プロセスにおいてチタン炭窒化物を析出制御(析出物の分散状態を材料成分と製造条件により制御)して組織を微細化した。これらにより、世界最高レベルという強度と現用鋼以上の優れた靭性を両立した。

トラック等のサスペンションに使用する板ばね用鋼は、車軸の位置決めと、タイヤから車体への衝撃を吸収する役割のため、高い強度と靭性が必要となる。しかし従来は、鋼の硬さを高めると靭性が低下してしまうことが課題だった。今回の開発によりこの課題に対応し、またこれにより、重ね板ばねの枚数を減らすなどの軽量化も可能となる。

重量車に対する日本の排出ガス規制は世界で最も厳しい水準にあり、部品の軽量化ニーズは非常に高い。今後欧米でも同様のニーズが高まると予想される。このため愛知製鋼では、燃費改善の面も合わせ、日本国内だけでなくグローバルにおいても、トラックメーカーの同製品への需要増加を見込んでいる。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る